カラーで選択&洗濯

私は一年中、羽布団とタオルケットを使用して、季節に応じた布団カバー(掛け・敷き・枕)を交換することで快適な寝床を作っています☆素材選びに拘ることも大事ですが、視覚的な影響を考えた場合、生地の色合いや絵柄にも関心を持ちたいものです○

例えば、夏に真っ赤な布団カバーを選択すると暑いと感じることが自然なように、色が持つ力は侮れませんね。自然の風合いを持った色地(無印良品の布団カバーなど)には、以外と暖色の色が多く、気づかず夏場に利用を続けると暑く感ずることがありますので、思い切って寒色系に交換すると涼しさを実感できるかもしれません●

カラー心理(深層心理学)に関する所見によると、白は病を癒す力を持ち、黒はお肌を黒くする作用、黄は暖かさを感じ、ピンクはアレルギーを誘発する恐れがあるので、かわいい色だからと言ってアトピーを持つお子様の寝具としては避けた方が良いとする見方など、視覚から受ける身体への影響を知っておくことも、布団カバーなど目に触れる寝具を選択するポイントではないかと思いますが如何でしょう▼

さて、布団カバーを交換するメリットを一つ☆☆☆

だらしない話、私は布団カバーに関心を持つまでは余り積極的には洗濯をしませんでした◆せいぜい汚れが付いたかなと思った時か週末に天気が良ければ、その日の気分で洗濯をしていたものですから、2〜3週間から長くなると1ヶ月以上そのまま使用していたかもしれません●清潔好きな人からは、罵声の声が聞こえてきそうですね。

洗濯する回数には個人差がありますが、衛生的な面からしても一週間に一度は洗濯を心がけたいものです。そこで、「わかっちゃいるけどできない方」にお勧めなのが、布団カバーの替え置きをいくつか用意すると、積極的に取り替える気分になるから不思議です★また、様々な色柄の布団カバーを試すことで、体が感じる変化を楽しむこともできますので、お試しいただきたいと思います◎